ミルクスタンド

どこにも住みたくない

最近読んだ本の好きなところ

 

f:id:yuttoriuttori:20170605233922j:image

◎「私の中の男の子」山崎ナオコーラ

・そうか、体重を気にするというのは自分のことしか考えていないということなんだ、と雪村は気がついた。時田のように、人との関わりに重点を置いて考え事をしてこなかった。(中略)「でもね、必要以上に『自分がどう見えるか』を気にしている人の仕草がチャーミングに見えることもあるよ。だって、世の中のみんながみんな、他人に思いやりを持てて、非の打ち所のない、コミニケーション能力の高い人ばかりだったとしたら、つまらない集団になると思わない?」と時田は言った。

 

・ 二人で食事をすると、食べ過ぎることがない。ひとりだと、どうしても食事の終了のタイミングを逃して、ダラダラと食べ続けてしまうのだが、誰かと一緒だと、終わりの感覚が生まれるし、食後に寂しさがない。

 

◎「本屋さんのダイアナ」 柚木麻子

ドラマチックな友情。どこまでもドラマチックだけど、ダイアナの実の親の対面シーンが完璧じゃなくて安心。女の子にかけられた「呪いを解く」が最近のキーワードだな。

柚木さんは真っ向から描いてるのに対し、山崎さんはその枠組みから越えた別次元からそれを描いてる気がする。枠組みを否定するのではなく、そばに置きながらも、自分を生きようとしている。どっちも勇気もらえる作品。

 

f:id:yuttoriuttori:20170605235959j:image

 

◎「 #カリグラシ 賃貸と団地、貸し借りのニュー哲学」  ours.

 

長嶋有

「建物って案外忘れられたようにずっとそこにあるんですよ。別に愛されてるからじゃなく、重要無形文化財に指定されてもいないけど、でもあるなぁと思って。チキンラーメンみたいに"愛されて50年"というものばかりをみんな見たがるんだけど、ただそこにあるってだけの建物がたくさんある」

・(団地の面白さについて聞かれ)「 4階に住んでる人は、階段を上る途中にその下の階の様子を全部見て、知ってる。2階の人、出前とったなとか。けど、2階に住んでると、3階の人のクリスマスの飾り付けは知らないんだよ、ずっと知らないまま。わざわざ上の階の様子を見に行ったりしないと思うんだよね。なんかそういうところが面白い」

 

tofubeats

「僕がニュータウン学園都市駅から大学まで1時間半かけて通っていた時に気づいたことがあって、それは『通い好き』ということ。移動する時間ってかなり大切だと思うんです。通学していた頃のことを思ったら、これは人格形成に多いに影響がありますよ」

 

藤野可織

「これは自分がいつも部屋を汚くしてるからと思うんですけど、古くて、味があって、でもやや清潔感に欠ける飲食店とかよくあるじゃないですか。私、ああいうのがちょっと苦手で。せめて外ではきれいな空間ですごしたい。(中略)特にトイレが汚いと悲しいですね。で、京都に来ると、みんなそういうところに行きたがるんですよ。もちろん、普通に行って楽しく過ごしてますし、行くのは嫌じゃないですよ。まぁちょっといやですけど(笑)それだったら正直に言えば、きれいな白木屋の方がいい。床でそのまま寝ちゃえるくらいトイレのきれいな白木屋が」

 

藤野さんの正直なところ、すごく好感持った。このインタビュー本の何がいいって、地方をちゃんと見てくれてるとこだな。東京の人に置いてきぼりにされず楽しめる。

 

◎「春と盆暗」熊倉献

魅力的な女子たちが男子を救っていく。柴田聡子さんの曲をかけながら読みたい。Kindleで買ったのに本屋でも買ってしまった。

 

 

 

 

昭和遺産のラブホテル

この間、ホテル富貴に行った。じゃじゃん。

https://www.google.co.jp/amp/gigazine.net/amp/20160319-hotelfuki

 

f:id:yuttoriuttori:20170508212627j:image

 

 京橋駅のすぐ近く、がやがやした飲み屋街からちょっと逸れたところにある。

 

f:id:yuttoriuttori:20170508212708j:image

 

レトロな受付で可愛いおばあちゃんが対応してくれる。ラブホで対面接客って恥ずかしいけど、普通に世間話しちゃえる感じの気安さ。おばあちゃんのために、ちゃんと部屋出るとき綺麗にしとかなきゃなって思わされる。

 

f:id:yuttoriuttori:20170508213235j:image

エレベーターまでは、おばあちゃんがスピーカーごしに案内してくれる。

 

f:id:yuttoriuttori:20170508213354j:image

f:id:yuttoriuttori:20170508213420j:image 

f:id:yuttoriuttori:20170508213524j:image

ザ・和風なお部屋をチョイス。囲炉裏やら瓦がありなんとも落ち着いた雰囲気。熟年不倫旅行って感じでよい。横も上も鏡張りで昔ながらのラブホ感。

 

f:id:yuttoriuttori:20170508214718j:image

お風呂もレトロ可愛い。ジェットバスもついてた。部屋側の壁がガラス張りで丸見えなのも昔っぽい。アメニティは最低限なので要注意。

 

一番人気のお部屋はもっと豪華絢爛らしく、女子会とかコスプレ撮影会がよく開かれるらしい。上品な宿だもんね。

  

f:id:yuttoriuttori:20170508215604j:image

 

対照的に、この屋台の方がそれっぽく(?)見えちゃうんだから不思議。クレープとは、ミルクせんべいとは…。配色が最高。

 

平賀源内になりたい

 

奇才・平賀源内。歴史上の人物で好きな人は誰かと考えるとこの人。好きというか、こんな面白い人になりたい。天才や秀才より、やっぱり奇才って言葉が似合う。エレキテル、うなぎ、戯作、西洋画、万歩計、物産展…ってなんでもかんでも。アイデアマンにもほどがある。こんな多彩かつユニークな人、今いるのかな。お化けになって出てきてほしい。

 

夕方思い立って、香川のさぬき市へ。和菓子屋さんや旅館の並ぶ風情ある通りに、地味〜にあった。源内記念館。

f:id:yuttoriuttori:20170507232046j:image

 

思ったよりかなり小さな資料館。志度、長崎、江戸といった源内先生が過ごした地域ごとのコーナーが設けられていた。30歳手前まで志度で過ごしたというのは驚き。晩年は投獄されて亡くなり、いろいろ説はあるけどなぜ投獄されていたのかがいまだ定かではないらしい。私の他におじいさん2人組が熱心に見ていた。 

 

f:id:yuttoriuttori:20170507232021j:image

歩いて10分くらいのところに旧邸もあった。優しいおばちゃまが迎えてくれ、ここでも男性2人が語り合っていた。壁には朝日新聞の切り抜きが貼ってあり、「ここ1000年で好きな発明家・科学者ランキング3位に源内」(うる覚え)と書かれていた。野口英世などそうそうたるメンバーがランクインする中、大健闘では。

庭園もあり、薬草が100種類が育てられている。そこで摘んだ薬草茶が売られており、そんな珍しい味でもなかったけど、なぜか買ってしまった。商売上手。

 

f:id:yuttoriuttori:20170507235600j:image

 字がいいよね。

 

f:id:yuttoriuttori:20170507235348j:image

「先生の銅像も見てって。表玄関を壊してスペース作ったのよ」とおばちゃまに3度ほどおすすめされた。 足元にあるくるくるしたものはエレキテルか。なんとなくシュールだった。志度の小学生はここに来て総合学習とかするのだろう。どんな感想持つのかしら。

 

源内好きな人ともう一度来てみたい。ちなみに映画「ユメ十夜」の石坂浩二さんの源内がすごく好き。漫画☆太郎のね。また見直そう。ブペラッ(見たことある人しか分からない松山ケンイチの決め台詞)。

 

 

帰りに寄った東かがわ市の喫茶店。中は普通だけど、外観は昔ながらのさびれた感があってよい。窓から海は見えなくて残念だけど。

f:id:yuttoriuttori:20170507235936j:image

 

おすすめらしきパンケーキを頼む。

f:id:yuttoriuttori:20170508002349j:image

鉄板に載ったカステラ生地のようなケーキは結構なボリューム。アイス、バナナ、チョコのトッピング。重たさに後悔するも、こんなおしゃれなもの食べている自分に酔えたのでよし。人とシェアしたらちょうどいいくらい。コメダ珈琲シロノワールもそう。

 

雑誌コーナーは、男性ファッション雑誌やスポーツ選手の自己啓発本などが充実していた。よくある女性誌やローカル雑誌なんかは置いてなくて意外。ポパイのシティーボーイ特集号を読んだ。バックパッカー経験者が「海外で安いホテルに1週間泊まったら、1日は高いホテルにも泊まれ。上から下まで見ないと、その地域のことを知ったとはいえない」と書いていた。


帰り道に瀬戸内海の夕日見てたら、なんかつらくなって、藤岡みなみ&ザ・モローンズの「ド忘れin the night」をステレオで永遠ループした。